頸椎ヘルニアになる理由

頸椎ヘルニアになる人は増えています。
昔と現代でなにが違うかといえば、ひとつはパソコン仕事の爆発的な増加が挙げられます。

パソコンが普及したことで、毎日のデスクワークで、長時間前屈みの無理な姿勢で仕事を続ける事が多くなりました。
この姿勢は首や腰にも大きな負担を掛ける事になってしまい、結果として頚椎ヘルニアを発症する原因にもなっています。

デスクワークで長時間座りっぱなしの人や衝撃を受けるようなスポーツを継続して行っている人は、頚椎ヘルニアを発症する可能性が高くなります。

スポーツに関してはいまも昔も変わりありません。
どうしても外部からの強い衝撃を受ける可能性は高まりますから。

そして、年齢による老化。
人間の身体の組織は、年齢と共に必ず老化していきますが、その中でも椎間板は最も早く老化が始まると言われているのです。

これらの多くは自分の意思で避けることができます。
首の違和感がすでにあるならば、注意して日常生活を送らねばなりません。

関連記事

  1. ホンマでっかTVで紹介!ストレートネックの予防法
  2. 首を後ろに反らせると首が痛い!
  3. 首こりを食生活で改善する
  4. 頚椎ヘルニアに枕は重要
  5. 頸椎コルセットはどう?
  6. どんな症状が出たら頚椎ヘルニアか?
  7. 頚椎ヘルニアを治療するには?
  8. 徳永先生はこんなひと
  9. ストレートネックの症状
記事一覧