頚椎ヘルニアを治療するには?

頚椎ヘルニアの治療方法には大きく分けて「保存療法」と「手術」があります。
症状が比較的軽いのであれば保存療法を行います。
具体的には、

★ 固定療法・・・患部を固定して安静にさせるために「頚椎カラー」という固定具をつける。
★ 温熱療法、マッサージ療法・・・首や肩などを温めたり、マッサージしたりする事により、血液の循環をスムーズにして筋肉のコリをほぐす。
★ 薬物療法・・・痛みを伴う場合には、消炎鎮静剤を服用したり、注射をしたりする。

のようになります。

早期の痛みや痺れならそれでもよいのですが、強い痛みを感じていたり、歩行障害等の影響が出ている場合は手術を検討すべきでしょう。
ただ、頚椎ヘルニアの手術はとても難しいものです。
神経や脊髄を傷つける可能性があり、そうなると障害が残るケースもあります。

症状を抑えようと、自己流のストレッチをするのは危険です。
多くの場合、無理をして症状を悪化させる結果になります。

関連記事

  1. ホンマでっかTVで紹介!ストレートネックの予防法
  2. 首を後ろに反らせると首が痛い!
  3. 首こりを食生活で改善する
  4. 頚椎ヘルニアに枕は重要
  5. 頸椎コルセットはどう?
  6. どんな症状が出たら頚椎ヘルニアか?
  7. 頸椎ヘルニアになる理由
  8. 徳永先生はこんなひと
  9. ストレートネックの症状
記事一覧