どんな症状が出たら頚椎ヘルニアか?

具体的にどんな症状が出たら頚椎ヘルニアを疑えばよいでしょうか。
どの頚椎がヘルニアになるかによって症状にも違いが出ます。
普通は上半身に症状が出るケースが多いのですが、神経が圧迫されている部分が広範囲に渡っていると、症状が下半身にまで及ぶこともよくあります。

が動きにくい。
の動きがおかしくなったり、動かなくなったりしはじめます。
無理に動かそうとしたときに肩から腕にピリピリとしびれが走ったり、痛みを感じたりします。

● 手や指の痺れや、下肢の痺れが出ます。

● 自律神経の失調症状を併発し、吐き気、めまい、耳鳴りが起こります。

● 痛みや痺れ、脱力感により、歩きにくく、または歩行困難に。


足がこわばって歩行が困難になったのなら、かなり症状は進んでいます。
症状を見て早く頚椎ヘルニアを疑って、早い受診をするのに限ります。

関連記事

  1. ホンマでっかTVで紹介!ストレートネックの予防法
  2. 首を後ろに反らせると首が痛い!
  3. 首こりを食生活で改善する
  4. 頚椎ヘルニアに枕は重要
  5. 頸椎コルセットはどう?
  6. 頚椎ヘルニアを治療するには?
  7. 頸椎ヘルニアになる理由
  8. 徳永先生はこんなひと
  9. ストレートネックの症状
記事一覧