頚椎ヘルニアに枕は重要

健康な人にもその人に合ったはとても重要です。
ましてや、頚椎ヘルニアを発症している人には最重要事項かもしれません。

寝るのは毎日のことですから、頚椎ヘルニアを悪化させるわけにはいきません。
合わない枕で寝ていると睡眠の質にも悪影響を及ぼしますし、不眠症に陥る例もあります。

頚椎ヘルニアでも安眠できる枕の条件はどういったことでしょうか?


まず、枕選びの落とし穴は「人間は仰向けでずっと寝るわけではないこと」です。
仰向けで寝始めても何度も寝返りをうち、横になったりまた仰向けになったり、ときにはうつぶせになったり・・・・。

なぜか、どのメーカーでも仰向けに寝ることを最重要視して枕の高さを決めます。
すると当然ながら横向きになったときには首に負担が掛かってしまいます。

オーダーメイドで枕を作っても、仰向け基準で作ったのなら、あまり合わない、起きたとき首や肩に疲れを感じるといった結果になりがちです。

仰向けの時と横向きの時の両方で枕を試してみて、どちらにも合う高さを決めましょう。
自分に合った枕というのは、ちょっと研究心がないとなかなか辿り着けないものなのです。

関連記事

  1. ホンマでっかTVで紹介!ストレートネックの予防法
  2. 首を後ろに反らせると首が痛い!
  3. 首こりを食生活で改善する
  4. 頸椎コルセットはどう?
  5. どんな症状が出たら頚椎ヘルニアか?
  6. 頚椎ヘルニアを治療するには?
  7. 頸椎ヘルニアになる理由
  8. 徳永先生はこんなひと
  9. ストレートネックの症状
記事一覧